化成フロンティアサービス株式会社

メニューと現在地情報をスキップして本文へ

ここからメニュー

メニュー終わり

現在地は… 化成フロンティアサービス(HOME) の中の KFS通信(目次) の中の 第235号

ここから本文、本文をスキップして製作者情報へ

掲載 2016年12月22日

第235号 「全国障害者スポーツ大会」で優勝!

2016年10月22日から24日にかけて開催された「第16回全国障害者スポーツ大会(岩手県)」で、弊社の重定さん(フィールド部フィールド1グループメール部門)がアーチェリー競技に出場し、見事優勝を果たしました!

重定さんは北九州市代表として女子クラス別に出場。従来の記録580点を上回る、大会新記録の625点をマークし、男子を含めた総合成績でも1位を獲得しました。

また、三重県代表として卓球競技には中村(ゆ)さん(四日市営業所)が出場し、競技者189名を59ブロックに分ける方式でブロック3位となりました。

全国障害者スポーツ大会は国体終了後に開催される障害者スポーツの祭典で、今回は「希望郷いわて国体」に合わせて、陸上競技やバレーボールなど、13競技が実施されました。

重定さんコメント

岩手県の寒さにはびっくりしました。風も冷たく、福岡県の冬の気温と変わらないぐらいで、寒さとの戦いでもありました。

初めての全国大会ではありましたが、あまり緊張はしませんでした。大勢の観客の応援の中で、的の真ん中に命中した時の爽快感はたまらなかったです。目標としていた「出場クラスでの優勝、更に大会記録を塗り替えての総合優勝」を全て達成でき、心から嬉しく思っています。

今回は30mWの競技に出場しましたが、オリンピックラウンドは70mWの競技になります。距離が倍以上になり、命中率も格段に下がりますが、今以上にもっと練習を積み重ね、ナショナルチームに選ばれ、日本代表に入ることが今後の目標です。そして、4年後の東京パラリンピックへの道を切り開きたいと思っています。

中村さんコメント

東京都と鳥取県の選手と対戦しましたが、試合開始前から緊張し、思うようなプレーができませんでした。しかしこの大会に出場できたことで、他県の人とプレーできて良かったと思っています。

三重県の大会では優勝しましたが、三重県のレベルでは全国ではまだまだ通用しないことを痛感しました。今後はサーブと、変化球サーブに対するレシーブ強化を磨いて、また全国大会を目指していきたいと思います。



本文終わり

このページの先頭に戻る

ページの最後です→このページの先頭に戻る