化成フロンティアサービス株式会社

メニューと現在地情報をスキップして本文へ

ここからメニュー

メニュー終わり

現在地は… 化成フロンティアサービス(HOME) の中の KFS通信(目次) の中の 第263号

ここから本文、本文をスキップして製作者情報へ

掲載 2018年3月6日

第263号 スカイダイビングに挑戦!

サイパン島でスカイダイビングなどを体験されたその時の感動を三谷さんよりコメントと写真でお伝えします。


三谷さんコメント

昨年の年末年始にリフレッシュ休暇を利用して、「思いっ切りアクティブしよう!」と、友人を誘い、サイパン島へ行ってきました。

12月28日の真夜中の2時にサイパン空港に到着。ホテルに送迎車で向かっている途中、ウィンドーを開け、空を見上げた瞬間、感動で鳥肌が立ちました。

それは、夜空に今まで見たことがない数の星が輝き、星空がとても近く感じられたからです。日本ではなかなか見ることができない星空なので涙が出そうでした。今まで経験したことのない素晴らしい体験で、初日から心が癒されました。機会があれば是非、みなさんにも見てもらいたいと思います。

翌日からは本格的なアクティブツアーとなりました。本当はすべてご紹介したいところですが、今回は特に心に残った体験をご紹介します。

まずは、禁断の島ツアー。禁断の島ツアーとは、自然保護区に指定されている「禁断の島」と呼ばれる島で、自然を満喫するアクティブツアーです。現地ガイドさんに山の上まで連れて行ってもらい、本格的なジャングルの中へ。細い道もあり、急坂もあり、崖もあり、クライミング的な要素もあってヒヤヒヤしながらも楽しめました。そこで、休憩中に現地ガイドさんから頂いた素敵な言葉が私と友人にとっては大切なお土産となりましたので、紹介します。

少し日本語が話せる現地ガイドさんの言葉

「今の仕事の前はダイビングを10年していた僕。僕は海の中が大好きなんだよね。心が無になる。リラックスができるから僕は海の中が好きなんだ。なぜなら、海の中は無音だから…。海の中に入ったら、耳が聞こえないとか関係なくなるんだよね。人はみんな同じ。ハート(心)が通じ合ってれば耳が聞こえるとか聞こえないとか話せるとか話せないとか関係ない。ハートが1番大事だよ!」

ツアー参加者の前でのこの素敵な言葉は、聴覚障害者の私たちにとってのコンプレックスを武器に変える勇気をくれました。



そして、新年早々青い空にご挨拶!最高のストレス発散のスポーツと言われるスカイダイビングを体験しました。飛行機でダイビングポイントまで行く間、私は高所恐怖症でもないので、ワクワク感が増すばかりでした。

飛行機から飛び出す落下の瞬間のフワッとする感覚は3秒しか味わえない。落下中、インストラクターが、鳥が飛んでいるようにS字に旋回している間は、ゴォーという風の感覚を体で感じていました。耳も痛くなく、呼吸困難もなく、とにかく強風で数秒も目が開けられない。この迫力は堪りません。上空から見る世界はとても広〜い。物を買うよりも体験を買うべきだと感じました。スカイダイビングで一気にストレスが発散できました。また体験したくなるスカイダイビングでした。




サイパンでは現地の方はみんな優しく、ジェスチャーで積極的にコミュニケーションを取ってくれました。そして現地の方のジェスチャーと手話があまり変わらないのが助かりました。生きるために手話を身につけておいてよかったです。手話を身につけていなかったら、英語が苦手な私にはコミュニケーションは超難関だったと思います。

ストレスは病気の素なので、セルフコントロールが上手に出来るように、これからも色々挑戦して楽しみたいと思います。

その他、思い出色々。




本文終わり

このページの先頭に戻る

ページの最後です→このページの先頭に戻る