化成フロンティアサービス株式会社

メニューと現在地情報をスキップして本文へ

ここからメニュー

メニュー終わり

現在地は… 化成フロンティアサービス(HOME) の中の KFS通信(目次) の中の 第298号

ここから本文、本文をスキップして製作者情報へ

掲載 2020年1月23日

第298号 第67回全日本実業団弓道大会及び第39回全日本実業団弓道遠的大会出場!

10月4日から6日にかけ、伊勢神宮弓道場にて、第67回全日本実業団弓道大会及び第39回全日本実業団弓道遠的大会が行われ、全国から71事業所140チームが参加しました。

伊勢神宮弓道場は、弓界最高峰を決する大会が開催される場所で、弊社からはOA部の上原さんが個人戦、団体戦ともに出場し、親会社である三菱ケミカル(株)の弓道班の方々と共に大会に臨みました。

団体戦での上原さんの立ち順は大落前(おおおちまえ)。5人の中の4番目に行射します。前3人の結果がわかり、大落(おおおち)に良い流れを繋ぐため、プレッシャーがかかります。

予選1立ち目(弓道用語で1試合の意)、はじめの2本は外しましたが、残りの2本を的中心の10点に中て、チームに貢献しました。

チーム全員の奮闘もあり、産業別では1点差で惜しくも入賞を逃しますが、ブロックトーナメントへの出場を決めます。

2日目、ブロックトーナメントでは3回勝利すれば決勝戦に進出です。途中1点差で勝利するなど、接戦を制し、決勝戦に進出を決めました。

決勝では他チームの声援なども熱が入る中、集中力を切らさずに果敢に挑みました。

結果、全国第11位の成績を収め、敢闘賞を受賞しました。

上原さんのコメント

 初めての大会で分からないことが多かったですが、集中して自分の射ができ、さらにチームにも貢献できたことはとてもいい経験をさせていただいたと思います。

また、伊勢神宮での神楽奉納や参拝、他チームの弓道人との交流などもでき楽しかったです。

入社してまだ半年ほどですが、弓道班の方にとても良くしていただき、職場の皆さまも応援してくださるのでとても感謝しております。


上原さん、大会お疲れ様でした。来年の大会での活躍も楽しみにしています。



本文終わり

このページの先頭に戻る

ページの最後です→このページの先頭に戻る